温泉とは

日本では、1948年(昭和23年)7月10日に温泉法が制定されました。この温泉法第2条(定義)によると、温泉とは、以下のうち一つ以上が満たされる「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)」と定義されています。

泉源における水温が摂氏25度以上。(摂氏25度未満のものは、冷泉または鉱泉と呼ぶ事がある)
以下の成分のうち、いづれか1つ以上のものを含む。(含有量は1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000mg以上
遊離炭酸(CO2) 250mg以上
リチウムイオン(Li+) 1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上
バリウムイオン(Ba++) 5mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++) 10mg以上
第一マンガンイオン(Mn++) 10mg以上
水素イオン(H+) 1mg以上
臭素イオン(Br-) 5mg以上
沃素イオン(I-) 1mg以上
フッ素イオン(F-) 2mg以上
ヒドロひ酸イオン(HAsO4--) 1.3mg以上
メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
総硫黄(S)[HS-,S2O3--,H2Sに対応するもの] 1mg以上
メタほう酸(HBO2) 5mg以上(殺菌や消毒作用がある塩化物質。眼科で目の洗浄や消毒に使われる。)
メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上(保温効果を持続させる作用がある。)
重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
ラドン(Rn) 20(100億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上

温泉はその含有成分によって分類がなされています。またその分類も掲示用泉質名、旧泉質名、新泉質名など3種類存在します。以下は掲示用泉質名の分類です。

○単純温泉
含まれる成分の含有量が少ないため、刺激が少なく肌にやさしい。無色透明で、無味無臭。旧泉質名は単純泉。神経痛、筋肉・関節痛、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復、健康増進などの一般的適応症に効果があるとされていますが殆どは温泉の効能では無く温浴による効能でしょう。 単純温泉は成分の少ない単なる湯、質の低い温泉だと誤解されやすいようです。単純温泉とは、成分の含有量だけを評価したものであり成分の種類について規定したものではありません。よって単純温泉とひとくくりにしても個々の泉質は多岐にわたるため単純な比較・分類はできません。成分の組成比によって、下記の各種温泉の性質を帯びることもあるし、様々な成分を少量ずつ含んだバランスの良い泉質となっているものもあります。

○硫黄泉
硫黄が多く含まれる温泉。卵の腐ったような硫化水素の臭いがあり、色は微白濁色。換気が悪い場合、中毒を起こすことがあります。ニキビ、オイリー肌、皮膚病、リウマチ、喘息、婦人病などの症状に効果あります。硫黄イオンはインスリンの生成を促す働きがあるので、糖尿病の症状にも有効です。硫化水素は有毒物質で粘膜・皮膚・呼吸器を強く刺激します。病中病後で体力が落ちている人や乾燥肌の人には特に注意が必要であり、リウマチや喘息の患者が安易に入浴することは時として不適切となることもあります。当該患者が硫黄泉の入浴を希望する場合は、事前に医師の指導を仰ぐことが望ましいですね。硫化水素は金属を侵すため、金と白金以外の金属製のアクセサリーを身につけて入浴してはいけません。特に銀は著しく反応して輝きを失い黒くなります。

○塩化物泉
ナトリウムが含まれる温泉です。旧泉質名は、食塩泉。主な効用としては、外傷、慢性皮膚病、打ち身、ねんざ、リュウマチ、不妊症などがあげられます。飲用は胃腸病に効くといわれていますが、飲用の許可がおりている場所以外ではやめておきましょう。ナトリウムイオンは、脳のホルモンを刺激し、女性ホルモンのエストロゲンを上昇させる働きがあるので、女性の更年期障害にも有効とされています。

○含鉄泉
鉄を含む温泉。水中の鉄分が空気に触れる事によって酸化するため、湯の色は茶褐色です。殺菌消毒作用があります。炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがあります。この泉質の温泉は保湿効果が高いので、体がよく温まります。また貧血に効くようです。

○含銅・鉄泉
銅及び鉄を含む温泉。水中の金属分が空気に触れる事によって酸化するため、湯の色は黄色です。含鉄泉同様、炭酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがあります。血症、高血圧症などに効きます。

○含アルミニウム泉
アルミニウムを主成分とする温泉。旧泉質名は、明礬泉、緑礬泉など。殺菌消毒作用があります。肌のハリを回復させる効果があり、また慢性皮膚病、水虫、じんましんなどにも効きます。明礬泉はとくに眼病に効果があるとされています。

○酸性泉
水素イオンを多く含む強い酸性の温泉(pH3以下)。刺激が強く、殺菌効果が高い。また、古い肌を剥がし新しい肌に刺激を与えて自然治癒力を高める効果もあります。水虫や湿疹など、慢性皮膚病に効きます。肌の弱い人は入浴を控えるか、入浴後に真水で体をしっかり洗い流すなどの配慮が必要です。

○炭酸水素塩泉
アルカリ性の湯。重曹泉、重炭酸土類泉に分類されます。重曹泉の温泉への入浴は、肌をなめらかにする美肌効果があります。疲労回復、病後の体力補強、外傷、皮膚病にも効果がああります。飲泉すると慢性胃炎に効くといわれています。重炭酸土類泉の温泉は炎症を抑える効果があるので、入浴は、外傷、皮膚病、アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患などに効きます。飲泉は、痛風、尿酸結石、糖尿病によいとされています。万人向けの泉質ですが、アルカリ性の強さによっては入浴後に皮膚の弱い部位に軽微な炎症が起きることがあります。それは一過性のものですが、皮膚の弱い人は温泉から出る際に真水で身体を洗い流しておくとよいですね。

○二酸化炭素泉
無色透明で二酸化炭素が溶け込んだ温泉です。旧泉質名は単純炭酸泉。二酸化炭素が呼吸器と循環器を刺激し、毛細血管を拡張して血行をよくする効果があります。入浴による効果は、心臓病や高血圧の改善があげられます。飲泉は便秘や食欲不振によいとされています。ただし、この効果は血液中の酸素分圧を下げることによって得られているため、循環器および呼吸器の疾病を持つ患者がむやみに入浴すると、過度な刺激となり症状を悪化させるおそれがありますので注意が必要です。

○放射能泉
微量のラジウム、ラドンおよびアスタチンから水銀までの原子核崩壊によって生じる放射性同位体が含まれます。これらが放つ放射線は人体に悪影響を及ぼす可能性は小さく、ホルミシス効果で免疫細胞を活性化させるので、むしろ体に良いのではないかと考えられています。 皮膚病、婦人病を始め様々な病気や外傷に効果があるといわれ、特に良いとされるのは痛風、血圧降下、循環器障害です。癌の発育を妨げることがあるのではないかとも言われています。ただいずれの適応症も今のところ確たる根拠が得られておらず、今後の研究が待たれるところです。ラドン温泉の治療効果を解明すべく、三朝温泉には岡山大学医学部附属病院三朝医療センターが設置されており、本格的な療養を行っています。

○硫酸塩泉
硫酸塩が含まれます。苦味のある味。芒硝泉、石膏泉、正苦味泉に分かれます。血行をよくする働きがあります。入浴効果は外傷や痛風、肩こり、腰痛、神経痛などに効きます。飲泉は便秘やじんましんに効くようです。硫酸塩は、強張った患部(硬くなった肌)を柔らかくして動きやすくする働きを持っているため痛風や神経痛の症状に効果が高いとされています。硫酸塩の中でも、硫酸カルシウムを多く含む泉質の場合、とろりとした滑らかな触感を伴い、これは硫酸カルシウムが石膏の成分であるためです。まれに誤解されるのが、硫酸が含まれていて危険ということです。硫酸は危険な物質ですが、硫酸ナトリウム・硫酸マグネシウムなどは無害な物質です。また、硫化水素泉のような悪臭も放ちません。硫酸塩泉は温泉入浴を禁じられている人以外にはこれといった弊害のない無難な泉質です。家庭用入浴剤の多くが、硫酸塩泉と似た組成であるのはご存知でしょうか。

スポンサードリンク